風俗嬢はなぜウソをつくのか?



風俗嬢は基本的には大切な情報をお客さんに聞かれた場合は嘘をつきます。これは自己防衛です。イキナリ大切な情報をお客さんに聞かれた風俗嬢が警戒しているのです。では、風俗嬢がどんな事に嘘をつくのか?

例えば
本名を聞かれた
住所を聞かれた
彼氏がいるか聞かれた
年齢を聞かれた

このような事をお客さんに聞かれた場合に風俗嬢は嘘をつく場合があります。何故ならお客さんの中にはストーカーになる人もいます。ですので、イキナリ本名を聞いても警戒されてしまいます。

個人情報ですので、本名を聞くのにもコツがあります。また、彼氏がいると答えた場合は、お客さんがリピーターにならない可能性もあるからです。だから彼氏がいてるにも関わらず、「いない」なんて答える風俗嬢もいるのです。

お客さんに彼氏がいる事を教えてしまったから次から指名してくれなかったら収入が減ります。お客さんに住所を教えてストーカーになられると風俗嬢としてもうんざりしますよね。また年齢も嘘をついている場合があります。

年齢はお店のパネルなどに書いてある年齢も基本的に信用しないようにしまし
ょう。10代などの若い女性の場合は本当の年齢の事が多いのですが風俗店のパネルの年齢などは基本的に1、2歳実際の年齢よりも若い事が多いです。また、20代後半などの風俗嬢の場合は実際の年齢よりもかなり若い場合があります。

若い方が指名もあるでしょうから年齢をごまかしているんですね。だから嘘をつくのです。でも、このような嘘をつかれても余り気にしないでください。あなたが風俗嬢を安心させてあげる事ができたなら、風俗嬢が本当の事を告白してくれます。

風俗嬢「ごめん、実は名前、嘘ついててん」なんて風俗嬢の方から言ってくれます。こう言われても怒っては駄目ですよ!!

男「本当の事教えてくれてありがとう」

このように怒るのではなく、喜びましょう。この状態になれば風俗嬢とあなたの距離はかなり縮まっています。わざわざ風俗嬢があなたに本当の事を告白してくれるのですから^^

本名や本当の自分の住んでいる場所を教えてくれるって事はあなたと風俗嬢の距離が縮まっている証拠です。ですので、この状態になれるようにマニュアルをしっかり読み、頑張りましょう。

●まとめ
風俗嬢が嘘をつくのは警戒しているから
嘘を告白されても怒らない

このページの先頭へ

inserted by FC2 system